2009年6月29日月曜日

テレビ

 実は先週土曜日、テレビを買いました。

 シャープのAQUOS 26型。

 地デジがどうのこうのと言うよりは、時計や目覚まし機能が付いたデレビが欲しかった。(^^)

 朝起きるのが苦手な私は目覚まし機能をセットした液晶テレビの光で克服しようと思った。

 今は郵便局に勤めているが、近い将来もしJPEXへの出向へとなれば朝7時から勤務になるし.....

 給料が入ってお金のある今のうちに必要なものを揃えたかった。

 そのためのシャープのAQUOS。

 目的の割には誠に高い買い物でした。

 けど、正直このテレビ楽しんでます。(^^)

2009年6月23日火曜日

ガンダム、お台場に立つ!

 昨日は一日中湿気でジメジメとした暑さで少々きつかった。

 これからこういう厳しい気候が続くのかと思うと気が滅入りそうだ。(^^;)

 そろそろ給料が入る頃。

 今月はフル。

 そろそろ近い将来に備えて使い道を考えようと思う。

---------------------------------------------------------------------

 そう言えば、あのガンダムがお台場に登場したらしい。

 詳しくは下記のサイトではメイキング映像も見られるゾ!

 実寸大でそびえ立つガンダム........出来るものなら一度間近で見てみたい。

2009年6月18日木曜日

生きた心地

 郵便局に復帰して2ヶ月が過ぎ.......

 初めは新鮮さも相まって意気込んで仕事に取り組んでいたけれど、段々と時が経つにつれて面白味を失っていった。

 仕事を身につけていくごとに沸き立つ意欲が満たされない。退屈だ。

 正直、生きた心地がしない。

 本当に余計な事に気を使いたくない。

 決まり事ばかりにガチガチにされるのも嫌だね。

 こんなこと続くなら、いっそのこと前にいた郵便局に戻った方がいいかもしれない。

-----------------------------------------

 退屈であることは、逆に精神の退廃を招きそうだ。

 逆に不安になる。

 少々の無理程度、ギリギリの気持ちで働きすぎない程度にハードに働くのが丁度いい。

 分かりづらい表現かもしれないけれど、要は充実感満たされるくらい存分に働きたいのだ。

 こんな事書いているうちに段々と前の郵便局に戻りたい気持ちがより強くなってきそうだ。(^^)

------------------------------------------

 今年の8月か秋ごろかは分からないけど、宅配便を扱う新会社「JPエクスプレス」へ行くか郵便局の集荷に残るのか決まるらしい。

 5月頃に私は意向確認において、どちらでも良いと希望した。

 その上、家から通勤時間のかからない近所の支店を希望した。

 それが叶わないなら、私がかつていた天王寺の支店を希望している。土地勘がある地域だから。

 現在の鬱屈した環境から早く離れたい。

 それが私の本当の希望。

 とにかく早くハッキリとさせて欲しいね。

 

2009年6月6日土曜日

日本代表

 今夜は2010年FIFAワールドカップの出場権がかかったウズベキスタン戦。

 楽しみにはしているけれど、不思議な事に98年W杯や2006年W杯の予選のときのような高揚感が無い。

 あの頃はかなりサッカーの応援に入り込んでいんだけれど....。

 フットサルやっていたしね。

 熱かったサッカー熱.....

 あの時と比べればサッカーとは身も心も一歩距離を置いている。

 それでも代表の試合となればTVで観戦している。

 今回もアジア予選は何事も無ければ間違いなく突破するだろう。

 とにかく今夜は予選突破が決まる瞬間を見届けよう。

2009年6月2日火曜日

時の流れ

 今月の9日で2ヶ月。郵便局に復帰してから。

 いつの間にかこれだけの時間が経過したのだ。

 朝の10時頃に家を出て、仕事を終えて帰ってくるのが大体夜の10時。

 ヤマト運輸と比べたらそれほどハードだとは思わないけれど........

 いい加減1人で出たいよね。


 さて、今日は本来なら仕事のところ病院への定期診察のため休み。

 いつものように東大阪・瓢箪山にある病院へ通った。

 今年もまた内視鏡検査の季節が近づいてきた。

 特定疾患の更新の前に受けなければならないこの検査。

 去年受けたときは潰瘍性大腸炎の再燃期。

 この時期に受ける検査は誠に辛かった。

 さて今年は.......

フォロワー

当ブログの著作権はサイト管理者のヨシオカアツヒロに属します。ブログ内に掲載されているすべての文章や画像の無断転載、転用を禁止します。
Copyright (C) ATSUHIRO YOSHIOKA. All rights reserved.